いつも元気だご飯がうまい!

あきべえが旅行や日常で体験したことを、てきと~にupします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
カテゴリ:旅日記( 2 )
あきべえ
7月3日、4日その後の石垣&那覇
先週帰ってきてから、もう1週間たつのですね~。時の流れは早いもので、
色々な出来事を忘れる早さも、この歳になると驚くほど早いのです。
やっぱり30歳すぎると、忘れっぽくなるんだな~、と痛切に感じている
今日この頃です。
痛かった日焼けもようやっとゆっくり寝れるくらいに回復し、ガングロおばけ
からは卒業しましたが、今は古い塗料の剥げたマネキンのように肌の上の
皮膚が中途半端なはがれ方をしています。どっちもどっち、道行く人々
からは白い目で見られます。あー、視線が痛いっ!
というわけで、すっかり忘れてしまわないうちに旅の記録を付けておこうと
思います。前回のトライではescボタンを2度押ししてしまったばかりに、
折角書いた記事が無駄になってしまいましたので、それからはちゃんと
バックアップファイルにコピペしながら投稿しています。

7月1日から石垣入りしていた私と同居人は1日と2日の沖縄系サークル
主催のオフ会
に参加して、すっかり満足していましたが、やはりここまで
来たからにはダイビングぐらいしないとねっ!!と思い、7月3日は宿泊先
ペンションKATSUさんのマリンサービスを利用して「パナリ島ダイビング
一日コース」に参加。朝食後朝9時ごろ宿のロビーに集合して数台の
車で石垣埠頭へ送っていただいた。出発前にシュノーケルに使うサイズ
の合う足ヒレを貸していただいた。港に着くと小さいジェットフェリーが
待っており、それに乗り込んだ。船は凄い勢いで白い波しぶきを上げて
港を離れ途中の島々を眺めながら1時間弱ほどでパナリ島に到着した。

d0057441_2283829.jpg
d0057441_228555.jpg

青い海、白い砂浜。船着場のすぐ傍の海岸は絶好のシュノーケリング
ポイントになっており、色とりどりの珊瑚や青や黄色の大小の熱帯魚が
泳いでいるのが間近で見れた。所々足の着かない場所もあったが、
貸していただいたシュノーケリング用のマスクとスノーケルと足ヒレで
泳げない私も楽々でした。やっぱり南の島に行くなら、足ヒレとスノーケル
セットは必需品でしょう。今回は貸していただけたので良かったですが
持っていれば断然楽しめる。というわけで次回は必ず持っていこうと思い
ました。それでもうちの同居人は、足の着かない海は怖いと言って
浅瀬でじたばたしていました。あぁ、これから体験ダイブをしようとしている
のに先が思いやられるなー。。と思ってとりあえず私だけ楽しみました(^^)
しばらく泳いで泳ぎ着かれた頃、お昼になったのでランチタイム。
その前に、体験ダイブをする数名はダイバーのお兄さんから講習を受け
ました。初めてのダイビングを前に緊張していたので、一生懸命聞き
ました。
宿泊先の方が用意してダイバーの兄ちゃんたちが持ってきてくれた
ランチボックスをみんなで突付きながらの昼食。朝食にも出た玉子焼きや
パパイヤのきんぴら、鶏丼などおいしくいただきました。冷たいお茶も用意
して下さっていたので、のどの渇きも癒されました。
食後は、ダイバーのお兄さんに引率されてパナリ島を観光。この島は住民
5名の小さな島で、島自体が私有地のような場所です。
島の裏手にはお祭りの時だけ使われる社や、石の階段を登っていく見晴
台のような場所があり、切り立った岩などもあって巌流島のようでした。
海は大変澄んでおり、海の底が見えるぐらいでした。
島の反対側の道を行くと八重山らしい道が続いていました。石垣でできた
壁や南国の花、海へと続くその道の途中には、今はダイビングショップに
使われている廃校になった校舎があり、その物置にはハーリーで使う
ようなボートもおいてありました。

d0057441_22103588.jpg
d0057441_22105764.jpg
d0057441_22112022.jpg
d0057441_22113613.jpg
d0057441_2212291.jpg

島内観光が終わると、乗って来たジェットフェリーにまた乗り込み、黒島沖
のダイブスポットへ。海はだんだんと青さを増し、日差しはだんだんと強く
刺すように輝いていました。白い波しぶきを上げて走るフェリーは程なく
ダイブスポットへ到着。一面の青い輝きに参加された方々はみな、我を
忘れて海へと入っていきました。私たち体験ダイブ参加者は用意されて
いたダイビングスーツを着て準備しましたが、私と同居人は前日川平で
焼いた肌が痛くてスーツを着るのに一苦労。やはり、夏の八重山は
UV度数の高い日焼け止めが必要なようです。それでも海に入ると取れて
しまうので、海から出るたびに塗らないと火傷するとダイバーのお兄さん
に教えていただきました。
四苦八苦した着替えも終り、ようやっとダイビングスタート。潜る前に
錘と酸素ボンベを付けていただき、体験ダイブなのでロープに捕まりながら
潜りましたが、それでも始めて潜る恐怖を克服しながらの入水でした。
足の着かない海は怖いと言っていた同居人は、案の定ダイビング棄権。
潜り始めてすぐ怖くて逃げ出したそうです。あー、大の男が情けない。
折角の1万5千円の参加費の半分を無駄にした感じでした。まぁ、人には
それぞれ向き不向きがあるから仕方がないかな。。と半ば諦めながら
また一人楽しむダイビングになってしまいました。
海の底に入ると小さな魚が群れをなしていたり、ニモみたいなクマノミが
いたり、大きめの魚も泳いでいました。海の底もとっても光が青くて
呼吸とかが少し怖かったけど、何とかなりました。
私より前に潜った若い女の子たちはみんな水中カメラを持っていて、
楽しく撮影もしていて、見ていてすごく羨ましかったです。次のダイビング
迄には水中デジカメを買おうと心に決めました。
20分足らずの海の底でのひと時が終り、海から上がってもしばらく停泊
してくださっていたので、またシュノーケリングも楽しむ事ができました。
同居人はやっぱり足の着かない海を怖がり、シュノーケリングすら
しませんでした。あまりにも情けないので、後日泳ぎの特訓をしなくては
いけませんね。ダメニートめ、覚悟しろよ(^^)

途中冷たいお茶を飲みながら、2度目のシュノーケリングで泳ぎ疲れた頃
ジェットボートは最後の探訪地浜島へと出発。浜島は去年ダウンタウンの
松ちゃんがCMをしていた青い海に浮かぶ砂の島で、引潮の時にしか
現れないので「幻の島」と呼ばれている地です。
しばらく進んで浜島に到着した時はちょうど引潮で、私たちは軽く泳いで
島に上がりました。2、3m四方ぐらいのとても小さな場所で、引潮の浅瀬
で海に浸かっているとまるで天然温泉に来たような気分になりました。
魚や珊瑚礁はほとんどないので、ダイビングをするより南国の雰囲気を
楽しむ場所のようでした。白い砂の上を歩いたり、海に浸かって広い
水平線を眺めたりしているうちに時間も経ち、その頃にはだんだんと潮も
満ちてきたので、帰りはダイバーのお兄さんたちが準備してくださった
ロープを手繰りながら既に足の着かないくらいの深さになっていた海を
また泳いで船へと帰りました。

d0057441_22135431.jpg
d0057441_2214771.jpg

そして、ジェットフェリーは再び元の出発地石垣埠頭へと波しぶきを上げて
風を切って進んでいったのでした。着いた頃にはもう5時を回っていて、
私たち参加者は宿泊先別に車で送迎していただきました。

ペンションに戻ってシャワーを浴びると、二日目の海で焼けた肌は更に
痛みを増して真っ赤になっていました。シャワーの間に沖縄系サークル
の送迎担当をされた東京メンバーの方が電話を下さって、オリオンビール
フェスタに行くのであれば迎えに来てくれるといって下さいました。
しかし、同居人がビデオ屋さんと本屋さんを見たいと言い、市街から
ペンションまで来て頂くのも申し訳ないということでお誘いをお断りして
しまいました。準備が済んだ夕方頃、ペンションの方にお願いしてタクシー
を呼んでいただいたのですが、お祭りの日のタクシーはかきいれ時で
なかなか電話も繋がらなくて、仕方なく途中でタクシーを拾おうと歩き出し
ましたが、通るタクシーはどれも満車状態。ようやっと1台捕まって、無事
オリオンビールフェスタ会場の新栄公園に到着。お祭りは既に始まって
おり、公園前の路上にも屋台が並んでいました。まずは、お寿司屋さんが
お祭り用に売っていた握りを食べて会場へ。

d0057441_22151931.jpg

中に入るとものすごい人の山。島中の老若男女が集まっているようで、
この島にはこんなに沢山の人がいるんだなぁ~と改めて驚きました。
オリオンビールはアサヒビールと提携していて、会場にもオリオンビール
の列とアサヒビールの列があって、気付かずにアサヒの方に並んでしまい
駆けつけ一杯目はアサヒ生ビールになりました。
先程電話を下さったメンバーの方ともお会いでき、また米原オフでお会い
した数名のメンバーとも会うことができました。
今日のフェスタのメインイベントは、「ごくせん」主題歌を歌っていたD-51
のステージがタダで生で見れる事。沖縄ではかなり人気があるようで
7時過ぎに始まったステージでは観客がみんな縦ノリ状態。私たちも
手拍子で応援しながら見る事ができました。ステージが終わって8時ごろ
花火が上がってお祭り終了。閉店間際のビール売り場に無理やりお願い
して、最後にオリオン生ビールを飲む事ができました。

d0057441_22163431.jpg
d0057441_22164871.jpg

d0057441_22205372.jpg

帰りは焼肉屋さんに寄って、ハンバーグと牛カルビと石垣牛のステーキを
食べましたが、石垣牛ステーキセットは思いの外大量で、暑さで熱中症
気味になった同居人は、ほとんど食べられませんでした。わたしもお腹
一杯になり、少し残してしまいました。11時ごろまたタクシーで宿へ。
翌日の石垣出発に向け早めの就寝。

翌朝は前日と違うメニューの朝ごはんを食べた後少し朝寝して、10時頃
チェックアウト。タクシーを呼んでいただいて、石垣空港へ。
途中、タクシーに少し待ってもらって同居人がずっと行きたかったビデオ
と本を売っているbook marketに寄って、石垣空港着。道中には
石垣特有の刺身屋さんやかまぼこ屋さんがあって、寄れなかったのが
少し残念でした。空港でチェックイン後、島の調味料(ドレッシング、胡椒
卓上塩、島ラー油、コーレーグース等)やTシャツ、琉球ガラスのコップ
等を買って、八重山そばとぜんざい(カキ氷)を食べて昼の飛行機を
待ちました。こうして、石垣とも別れを告げ12時過ぎの飛行機で那覇へ。
石垣でやり残した事といえば、オフ会でお世話になった幹事さんの
タコライス屋さんに日程の都合上行けなかった事くらいとなりました。

d0057441_22182295.jpg


1時間足らずで那覇到着。8時の那覇発の飛行機まで時間があるので
那覇市内観光を楽しむ。空港からはバスもたくさん出ているのですが、
今はゆいれーるが出来たので、時間も短縮でき金額もあまり変わりま
せん。私たちは行きは知らずにバスに乗り、国際通りの終わる場所くらい
まで行きました。そこから国際通り沿いに空港方面へと歩きながら、
通りの店などに寄ったり、公設市場のある通りを見てお土産を買ったり
しました。私は琉球ガラスの茶碗やシーサーのクッキーなどを買い、同居
人は180円の7色ちんすこうを買占めしていました。
お昼は沖縄料理を気の良いおばさんたちが作ってくれるお店で。同居人
は揚げ物セット、私はへちま(なーべら)料理の定食を食べました。
途中に寄った通り沿いのCD屋さんには、昨日ステージを見せてくれた
D-51がこの日来ていたようで、店の前のポスターにはその日の日付
入りのサインがしてありました。
那覇は丁度選挙を控えており、民主党候補の喜納昌吉推薦の若大将や
対する自民党の○○トオルなど、何故か候補者の名前がみんなカタカナ
でわかりやすくなっていました。難しい漢字だと得票数に影響するので
しょうか?
国際通りの入り口まで来ると、同居人が空港で見てほしがったちゅらさん
の警察宣伝ポスターをもらいに県警にいきました。
同居人は米原オフのときにかわいいちゅらさん似の島メンバーを見て
ファンになったので、その影響からでした。単純な奴だなー(´へ`;)
ポスターをもらいたい旨を話すと快く持ってきて下さいました。ついでに
ビギンや山田優のポスターまで付けてくれました。やっぱり沖縄の方は
良い方が多いですねぇ~。しかも沖縄出身の有名人も多いので、那覇の
お祭りにもD-51や仲間由紀恵らがくるとのチラシもはってあって、お祭り
毎に有名人にタダで会えるのが本当に羨ましいです。
警察を出て、はじめてのゆいれーるに乗って、空港へ直行。7時過ぎに
市街地を出て、8時の飛行機に乗りました。いつもやる事がぎりぎり状態
な私たち。3時間のフライトで羽田に11時ごろ着き無事帰宅しました。

d0057441_22221677.jpg
d0057441_22224557.jpg
d0057441_2223047.jpg


盛りだくさんの4日間を満喫したので、投稿もすっかり長くなってしまいま
した。こんな長い書き込み、読んで下さってありがとうございました。
ささっ、お茶でもど~ぞ(^^)/
[PR]
あきべえ by pukku_4649 | 2005-07-13 22:05 | 旅日記
7月3日4日、石垣&沖縄旅行
7月1日より石垣入りしていた私と同居人。
好天に恵まれた4日間ですっかり日焼けしてしまい、全身バリバリ状態で
ブログ投稿もままならないので、とりあえず、写真だけUPしておきます。
旅行の思い出などは、後日up出来次第、写真もそちらに移転します。
実は、昨日旅行の投稿をしていたのですが、ほぼ完成した所でescボタンを
間違って2度押してしまったら、書いた内容が全て消えてしまい、ものすごく
ショックでした。なので再度同じ内容を投稿するのにかなりの気力が要り
ます。日焼けでかなり体にダメージが来ているので、ブログ更新もゆっくり
回復を待ちながらしたいと思います。

パナリ島にて(ダイビングツアー)


d0057441_2343752.jpg
d0057441_23432966.jpg





ペンションKATSUの部屋からの風景

d0057441_23464522.jpg
d0057441_23465811.jpg


那覇国際通りスッパイマン。私達と同じ色。

d0057441_23502862.jpg

[PR]
あきべえ by pukku_4649 | 2005-07-09 23:58 | 旅日記
トップ
  
あきべえとみんなの掲示板←掲示板はこちら。
おすすめリンク
マイサ~クル
mixi
人気のソーシャルネットワーキングサイト。拙ページへのリンクです。
Lineage
最近はまっているオンラインゲーム。この私がゲームにはまるなんてw
リネージュ日記りんらんひかご+あきべぇ
こっそりゲーム日記!

ヤイマスタイル
石垣八重山関連のサークルです。
この指とまれ!
出身校別メンバーリスト。懐かしの人も見つかるよ。
パンダ研究所
パンダ好きな方はこちらへ。楽しいゲームあるよ。

お気に入り
サイト

bogusnews
ネタ系フィクションニュースのサイトです。bogus="偽である"
ガッチャピン公式サイト
科学忍者隊ガッチャピン只今参上!!
最近の気に
なるニュース

Coming Back Soon...
そのうち・・・




東京の気温と時間

Click for Tokyo, Japan Forecast




ライフログ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
エゴイスト
from エゴイスト
FX口座開設比較!おすす..
from FX口座開設比較!おすすめキ..
医療情報研究所
from 医療情報研究所
Web図書館
from Web図書館
ラーメン店集客
from ラーメン店集客
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧